言語別アーカイブ
基本操作
ハマス奇襲で緊迫する中東情勢(写真:ロイター/アフロ)
ハマス奇襲で緊迫する中東情勢(写真:ロイター/アフロ)
ハマスの奇襲 背景には中東和解に動いた習近平へのバイデンの対抗措置
2023-10-11
10月7日、パレスチナ・ガザ地区のイスラム組織ハマスがイスラエルに向けて大規模奇襲攻撃を行った。中東戦争に発展するのではないのか、世界が注目している。表面的にはサウジアラビア(サウジ)がパレスチナ問題を解決しないまま、イスラエルと国交正常化することに対するハマスの怒りの表れと解説されているが、実はその背後で動いていたのは、又もやアメリカの世界制覇への諦めきれない執着だ。 中国が仲介してサウジとイ……
プーチン大統領にすり寄ったブッシュ大統領(写真:ロイター/アフロ)
プーチン大統領にすり寄ったブッシュ大統領(写真:ロイター/アフロ)
ウクライナ危機を生んだのは誰か?PartⅡ2000-2008 台湾有事を招くNEDの正体を知るために
2023-10-09
アメリカの軍産複合体を支えるネオコン(新保守主義)指導下で1983年に設立された全米民主主義基金NED(第二のCIA)は、プーチン政権になるとロシア経済が息を吹き返したため、プーチン政権を潰すべく旧ソ連圏諸国におけるカラー革命を加速し始めた。カラー革命は「現政権の選挙不正を口実にして民衆を焚きつける手法」で共通している。その中の一つにウクライナのオレンジ革命がある。 この手法は10月4日のコラム……
ロシアがウクライナ侵攻(写真:ロイター/アフロ)
ロシアがウクライナ侵攻(写真:ロイター/アフロ)
ウクライナ危機を生んだのは誰か? 露ウに民主化運動を仕掛け続けた全米民主主義基金NED PartⅠ
2023-10-04
PartⅠ:1991-1999年の基本情況。 ソ連崩壊とベルリンの壁崩壊などに関して全米民主主義基金NED(National Endowment for Democracy)が関与していたことはNEDの「年次報告書」のデータから判明したが(参照:8月21日のコラム<遂につかんだ! ベルリンの壁崩壊もソ連崩壊も、背後にNED(全米民主主義基金)が!>)、崩壊後からこんにちに至るまで、ロ……
9月13日、金正恩総書記とプーチン大統領が会談(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
9月13日、金正恩総書記とプーチン大統領が会談(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
中国は朝露蜜月をどう見ているか――中国政府元高官を取材
2023-09-18
日本のメディアでは盛んに「金正恩にまですがる哀れなプーチン」とか「朝露接近は中国に脅威」など、プーチンや習近平を侮蔑しさえすれば日本が強くなれるかのごとき錯覚を抱かす報道が目立つ。中国は朝露の軍事的接近をどのように受け止めているのか、高齢の中国政府元高官を取材した。意外な回答が戻ってきた。 ◆中国政府元高官:軍事同盟は中朝間のみ、朝露の軍事的接近は非常に助かる         :ウクライナ戦争……
星島日報に載っていたロシア衛星通信社の画像
星島日報に載っていたロシア衛星通信社の画像
中国の歌姫・王芳がウクライナ廃墟の劇場でカチューシャを歌う「なぜ?」
2023-09-14
中国の人気歌姫である王芳が、ウクライナ東部の廃墟になっているマリウポリ劇場でロシアの歌「カチューシャ」を歌い、ウクライナ政府は中国に抗議した。しかし中国政府は関与しておらず、ロシアが組んだツアーに王芳がその夫・周小平(全国政治協商会議代表)などと共に参加しただけだ。中国政府側は歌唱画面のSNS(中国のウェイボー)や関連記事を削除するものの、処罰を与えるという気配は今のところない。その複雑な背景を考……
本日、内閣改造(写真:つのだよしお/アフロ)
本日、内閣改造(写真:つのだよしお/アフロ)
戦略なき内閣改造ながら尖閣だけは対中譲歩 国土交通大臣に公明党
2023-09-13
9月13日に岸田首相による内閣改造が実施された。党内各派閥への配慮と自身の次期総裁再選しか考えてない国家戦略なき改造だが、それでもなお、尖閣諸島を巡る対中譲歩だけは堅持して、最も親中で知られる公明党から国土交通大臣を選んでいる。   ◆尖閣諸島を管轄する国土交通大臣は公明党から選ぶ岸田首相 支持率が落ち続けている岸田首相は、9月13日に内閣改造を行った。 自民党内は、とても同じ政党とは思え……
天安門にはためく五星紅旗(写真:ロイター/アフロ)
天安門にはためく五星紅旗(写真:ロイター/アフロ)
2023年中国標準地図は、日本が黙認した1992年の中国「領海法」に基づいている
2023-09-11
中国が毎年発表している「中国標準地図」に関して、今年だけ騒ぎ立てたのは、習近平国家主席がG20首脳会議に参加しない理由探し(邪推?)にメディアが沸騰したからに過ぎない。少なくとも2001年以来、中国標準地図は領土範囲を変えたことがなく、表示するときの縮尺などを変えたに過ぎない。 むしろ問題なのは、その領土の境界線(特に南シナ海・台湾海域など)は1992年2月に制定された中国の「領海法」に基づいて……
BRICS首脳会議には出た習近平国家主席(写真:ロイター/アフロ)
BRICS首脳会議には出た習近平国家主席(写真:ロイター/アフロ)
習近平はなぜG20首脳会議を欠席したのか? 中国政府元高官を単独取材
2023-09-09
インドで9日から開催されているG20首脳会談に習近平国家主席が欠席し、代わりに李強国務院総理が出席した。これに関して日本では、「2023年中国標準地図」問題があるので「臆病者の習近平」は非難されるのが怖いからだとか、国内問題で外遊するゆとりがないからだとか、果ては「お友達のプーチンがいないから」という奇想天外なものまでが飛び出している。 そこで高齢の旧友である中国政府元高官に単独取材し、真相を得……
ウクライナ和平会議 サウジで開催
ウクライナ和平会議 サウジで開催
中国は果たしてウクライナ問題の仲裁役を担うのか
2023-09-07
8月に2日間のフォーラムがジッダで開催され、世界40カ国の代表者が参加した。その主な議題はロシアによるウクライナ侵攻をどのように終結させるかである。参加者は特にゼレンスキー大統領の「平和の公式(ピース・フォーミュラ)」として知られるウクライナ側の和平条約案について議論した。  この議論には中国も加わっており、中国政府が関与することで、ロシア側の立場に影響を与えられる可能性があると期待する声が多か……
不動産業規制強化をする中国(写真:ロイター/アフロ)
不動産業規制強化をする中国(写真:ロイター/アフロ)
なぜ中国経済はなかなか崩壊しないのか? 不動産問題の遠因は天安門事件後の日本の対中支援
2023-09-06
中国の不動産業界が悲惨な状況にある中、中国経済はなかなか崩壊しそうにない。最大の原因は習近平政権になってから徹底してきた金融改革の結果、大手国有銀行の自己資本比率が高いことと、国有銀行の不動産産業への融資割合が6%以下だからだ。 しかしそもそも不動産問題が生まれたきっかけは天安門事件後に日本が対中支援を牽引したからで、習近平は今、江沢民・胡錦涛政権が遺した負の遺産の後始末に追われてい……