言語別アーカイブ
基本操作
台湾周辺で中国軍が軍事演習開始
台湾周辺で中国軍が軍事演習開始
Firm Response to Military Exercises, Calls for Cross-Strait Cooperation to Enhance Peace
2024-05-28
Recently, the Eastern Theater Command of the Chinese People's Liberation Army conducted a two-day military exercise around Taiwan. In response, Taiwanese President Lai Ching-te stated on May 26th that……
習近平国家主席(写真:ロイター/アフロ)
習近平国家主席(写真:ロイター/アフロ)
アメリカがやっと気づいた「中国は戦争をしなくても台湾統一ができる」という脅威
2024-05-27
5月13日、アメリカン・エンタープライズ研究所と戦争研究所の共同プロジェクトである台湾連合防衛プロジェクトは、「中国は軍事侵攻ではない形で台湾統一をするつもりで、われわれは長いこと、それを見逃してきた」という趣旨の共同報告書を発表した。同日、アメリカメディアのTHE HILLも「中国は台湾統一をするために(台湾を)侵略する必要はない」というタイトルでこの報告書を報道。 これは正に筆者……
台湾、頼清徳総統が就任
台湾、頼清徳総統が就任
How President Lai's inaugural address shapes Taiwan's trajectory and elicits responses from China.
2024-05-25
President Lai's Vision: Building Prosperity, Democracy, and Global Standing President Lai Ching-te's May 20th inaugural address stands as a testament to his vision for Taiwan's future. He pledged to ……
出典:CCTV
出典:CCTV
中国の威嚇的兵器ポスターと軍事演習 頼清徳総統就任演説を受け
2024-05-24
5月20日における「中華民国」台湾の頼清徳総統就任演説は理路整然としていて力強かった。「独立」を越えて「国家主権」を主張した「国家観」は、その是非を別にすれば立派なものである。ただ、1971年10月25日の国連決議【第2758号】に完全に違反しており、中国は激怒し武器のポスターで威嚇すると共に5月23日から24日の日程で実弾を伴わない軍事演習の予告もしている。 ◆頼清徳総統の就任演説……
Taiwan's President Tsai Ing-wen
Taiwan's President Tsai Ing-wen
両岸関係の舵取りに徹した蔡総統の外交戦略を総括する
2024-05-22
はじめに 台湾、蔡英文総統のリーダーシップは、特に中国本土との関係においてダイナミックに入り乱れる困難とチャンスで特徴づけられる。在任期間を歴史的観点から評価したとき、台湾の両岸政策(対中政策)に対するアプローチは、彼女の足跡の特に重要な側面と言えるだろう。蔡総統は在任中、台湾の主権や民主主義の原則、そして安全保障上の利益をしっかりと守りながら、中国本土との関係を舵取りするという複雑極まる課題に……
Bank of Mexico
Bank of Mexico
ニアショアリングのハブ拠点:メキシコが台湾企業の米国市場進出を促進
2024-05-20
はじめに 現在の国際貿易環境においては米中の摩擦が激化しており、サプライチェーンの戦略的再編が急務となっている。米中関税合戦が勃発する以前から、家具や繊維製品(テキスタイル)などローエンドの労働集約型セクターを中心に、中国の多くの産業がすでにメキシコへの事業拡大を始めていた。この動きの背景には、中国国内での人件費の上昇や競争の激化、新規市場への参入意欲などさまざまな要因がある。 メキシコがニア……
5月17日、大乱闘が展開された台湾の立法院議会(国会)
5月17日、大乱闘が展開された台湾の立法院議会(国会)
台湾 頼清徳政権誕生前夜の立法院(国会)大乱闘
2024-05-18
台湾の頼清徳政権が5月20日(月)に誕生する。その前の最後の立法院議会(国会。以後基本的に国会)が開催されたのは5月17日(金)。その日に国会内で過激な暴力による大乱闘が起きた。藍(国民党)白(民衆党)共同作戦と緑(民進党)との間の戦いだ。波乱万丈の国会が頼清徳政権を待っている。 ◆5月17日の国会大乱闘事件_格闘技的体力勝負で国会運営するしくみ 野党の国民党と民衆党は、これまでの民進党の国会……
液晶パネルの覇者だったシャープ(写真:ロイター/アフロ)
液晶パネルの覇者だったシャープ(写真:ロイター/アフロ)
中国液晶パネルはなぜ世界トップになったのか 日本シャープ液晶の幕引きに思う
2024-05-16
かつては世界を制覇していた液晶パネルの王者シャープが幕を閉じた。気が付けば中国が液晶パネルの世界トップを走っており、世界生産シェアの70%を中国製が占めている。トップ企業3社とも中国だ。 現状と、なぜこのようなことになったのかを考察する。 ◆世界のトップを行く中国の液晶パネル産業 2016年、シャープが台湾のホンハイ(鴻海精密工業)に買収され、創業以来、初めて社外の社長(鴻海グループ副総裁の……
Taiwan's President Tsai Ing-wen
Taiwan's President Tsai Ing-wen
Navigating Cross-Strait Relations: Assessing President Tsai’s Diplomatic Strategy
2024-05-14
Introduction President Tsai Ing-wen's leadership of Taiwan has been marked by a dynamic interplay of challenges and opportunities, particularly in the context of cross-strait relations with mainland ……
SPIL
SPIL
潮目の変化:台湾の半導体セクターが相次いで中国から撤退
2024-05-14
はじめに 世界的な地政学的情勢が相互に作用し複雑さを増す中、台湾のパッケージング・テスト業界は大きな転機を迎え、課題とチャンスが混在する環境で難しいかじ取りを迫られている。日月光投資控股(ASE)傘下の硅品精密工業(SPIL)が2020年に中国から撤退したことを受け、市場における地位の強化と生産拠点の多様化を目的とした戦略的対応が、業界全体で相次いでみられてきた。 ASE、京元電子股分有限公司……