言語別アーカイブ
基本操作
上海自由貿易区
2013年9月28日、上海自由貿易区(FTZ)の立ち上げに先立って、作業員が街灯にバナーを取り付けている(提供:ロイター/アフロ)
中国の対外経済開放の新たな管轄形態-自由貿易試験区
ウラジミール・ポルチャコフ
2019年12月3日
中国は2013年に対外経済開放の第二段階に入った。第一段階は、1970年後半に全体的な改革政策の一環として始まり、主として海外からの設備・技術、知識、資本の誘致に重点を置いた。 新たな段階では、中国の資本、財、サービス、技術の海外への大規模な輸出が、それらの誘致と少なくとも同程度に重要な課題となった。 現段階の対外経済開放はその大部分が、中国が取り組む地経学プロジェクトである新たな陸海の「シルク……
正午の催涙ガス
正午の催涙ガス (提供:フレイザー・ハウイー)
絶望の都市、香港
フレイザー・ハウイー
2019年12月2日
香港での抗議活動は約6カ月にわたって続いているが、この数週間ほどが最も危うい状況だった。警察が例外的な場合を除きデモを許可しないから、今や何百万人もの人々が街をデモ行進する光景はもう見られないかもしれない。11月に入って続いた混乱や暴力の度合が、多くの人々に驚きや衝撃、悲しみを与えたにも関わらず、デモ隊側の要求には依然幅広い支持があるようだ。別の言い方をすれば、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官……
人民元と様々の通貨
人民元と様々の通貨(提供:アフロ)
オフショア金融エコシステムとブロックチェーン技術は米中戦略ゲームの分水嶺
孫 啓明
2019年11月17日
一、米中貿易戦争の一時停止は、更にハイレベルの「金融戦争」と「技術戦争」の始まりに過ぎない。 本サイトでの記事でも述べたように、米中貿易戦争は緩和し、更に休戦になる。なぜならば米中貿易戦争の結果は必ず共倒れになるため、米国の貿易の失敗をトランプが望むはずはなく、また2020年選挙の前にそのような事態を起こしたくないはずだからでもある。筆者の見解では、これは戦争の間の短い休憩でしかなく、米国の長期……
第19期四中全会
第19期四中全会(提供:写真:新華社/アフロ)
四中全会と民主とブロックチェーン
遠藤 誉
2019年11月15日
10月24日に習近平はブロックチェーン戦略を表明した後、31日に四中全会を終えると上海に行き「中国式民主」に言及した。輸入博覧会で講演し上海はブロックチェーンの花盛りだ。この流れは何を意味するのか? ◆通常通りだった四中全会の開催時期とテーマ 第19回党大会後の四中全会(第4回中国共産党中央委員会全体会議)に関して「ここまで開催できないのは反習近平派が多いからだ」とか「人事異動の発表があるはずだ……
「独身の日」 世界最大級のオンライン商戦
「独身の日」 世界最大級のオンライン商戦(提供:Imaginechina/アフロ)
中国国内の消費規模は、中国経済の発展を十分に支える
孫 啓明
2019年11月8日
最近、よくこのような質問が寄せられる。 中国の経済情勢は全般的にあまり良くないのか? 中国の実際の経済情勢はどうだ? 中国科学院のレポートによると、中国には4.5億の中所得者を抱えている、ならば中国国内の消費だけで、中国経済を大幅に支えることができるのか? 中国の対外貿易は、米国なしでも維持できるのか? これらの問題に対して私の観点を述べたいと思う。 一、中国の経済情勢は全般的にあまり良くな……
ビットコイン
ビットコイン(提供:Eyevine/アフロ)
習近平「ブロックチェーンとデジタル人民元」国家戦略の本気度
遠藤 誉
2019年11月4日
習近平は10月24日の中共中央政治局会議でブロックチェーンを国家戦略として取り込めと発言。中国人民銀行はデジタル人民元に意欲的だ。実現可能性を中国の本気度と内情から読み解く。 ◆中共中央政治局学習会での習近平の驚くべき発言10月24日、中国共産党中央委員会(中共中央)政治局第十八回集団学習という会議で、「ブロックチェーンを核心的技術の自主的なイノベーションの突破口と位置づけ、ブロックチェーン技術と……
深セン証券取引所
深セン証券取引所(提供:Newscom/アフロ)
中国オフショア人民元戦略:グレーターベイエリアにマカオ証券取引所
遠藤 誉
2019年10月30日
混沌とする香港情勢の中、中国政府は8月、深セングレーターベイエリア経済構想に重点を置く方針を打ち出したが、そこにはマカオに証券取引所を新設する戦略が潜んでいた。人民元国際化を強化する中国の狙いを読み解く。 ◆マカオ証券取引所の創設 8月9日、中共中央・国務院は「深センを中国の特色ある社会主義先行モデル区に指定することを支持することに関する意見」を発布した。これに関して筆者は本シンクタンクにおけ……
中国副総理劉鶴が米通商代表ライトハイザーと握手
中国副総理劉鶴が米通商代表ライトハイザーと握手(提供:AP/アフロ)
貿易協定の段階的進展
フレイザー・ハウイー
2019年10月29日
貿易戦争は、貿易、経済、そして評論家(!)にまで損害を与えている。状況はローラーコースターのようにめまぐるしく変化してきた。関税の設定、発動の延期、関税の引き上げ、行き詰まり状態の打開、それから沈黙が続いた後、大きな取り決めが交わされた。それ以降、動きは見られない。 先週の発表は、おそらくこれまでで最も前向きに合意の可能性について言及したものであったと言えるだろう。しかし、今週月曜日の朝にWal……
ペンス米副大統領 シンクタンクで講演
ペンス米副大統領 シンクタンクで講演(提供:AP/アフロ)
ペンス米副大統領演説と中国の反応を読み解く
遠藤 誉
2019年10月27日
25日、ペンス米副大統領は「米中関係の将来」の中で厳しく中国を批判しながらも、1年前よりは批判のトーンを落としている。中国外交部の激しい抗議と環球時報の「あれ?」という社説から米中関係を読み解く。 ◆ペンス副大統領の演説概要 日本時間の10月25日、ペンス副大統領はワシントンにあるシンクタンクの一つ、ウィルソンセンターで「米中関係の将来」というテーマで演説した。 アメリカの国営放送VOA(V……
プーチンと習近平
プーチンと習近平(提供:ロイター/アフロ)
中華人民共和国建国70周年-祝賀ムードに沸くロシア
ウラジミール・ポルチャコフ
2019年10月22日
ロシアでは中華人民共和国建国70周年が盛大に祝われた。こうした記念行事には、中国と深い関わりがある専門家やその道の権威だけでなく、一般市民も参加した。 2019年9月13日から15日までの期間、中国国家経済の成果を紹介する「チャイナ・フェスティバル」がモスクワで最も来場者を集める展示会場のひとつで開催された。「偉大な遺産と新時代」をスローガンに掲げたこの行事では、有名な中国の獅子舞や龍舞の実演か……