言語別アーカイブ
基本操作
躊躇し続ける安倍首相(提供:AP/アフロ)
躊躇し続ける安倍首相(提供:AP/アフロ)
緊急事態宣言と医療崩壊の日中比較:日本を救う道はまだあるのか?
遠藤 誉
2020年4月6日
日本はようやく緊急事態宣言を選ぶ方針に入るという。中国では武漢封鎖後は瞬発的に外出禁止や方艙医院建築などで対応しコロナ拡散から脱出したが、安倍首相の場合は過剰なベッド数の削減さえ昨年指示したままではないのか。 ◆緊急事態宣言の日中比較 東京都は3桁台の新規感染者増に突入し、日本全国でも新規感染者が激増していく中、安倍首相は「まだその状況にはない」を繰り返して、緊急事態宣言を出そうとしなかった。……
新型ウイルス肺炎が世界で流行 アメリカで感染相次ぐ(提供:ZUMA Press/アフロ)
新型ウイルス肺炎が世界で流行 アメリカで感染相次ぐ(提供:ZUMA Press/アフロ)
Covid-19の長く暗い影
フレイザー・ハウイー
2020年4月2日
「今回は違う」。この言葉は、金融や経済の世界で国や企業による不相応な行動を正当化するのに頻繁に使われてきた。状況は一般的なルールでは測れないと主張するための常套句である。しかし、Covid-19にはこの言葉が当てはまるようだ。事態は、世界の人々がこれまで経験してきた営みと根本的に異なっている。市場の動きであれ、経済的なダメージであれ、世界への影響であれ、かつてない状況である。 何か執筆しようとし……
体育館から改造された武漢の臨時病院(提供:新華社/アフロ)
中国の無症状感染者に対する扱い
遠藤 誉
2020年3月26日
中国では新型コロナウイルスによる無症状感染者を患者として扱っていないためデータ公表しておらず、本当は累積12万人以上の感染者がいたのではないかと推測されている。中国はどのようにして無症状感染者を見つけ対処したのかを考察する。 ◆無症状感染者に対する中国の対策 3月24日、日本のメディアは一斉に「中国湖北省では無症状の新型コロナウイルス感染者がいまだ相次いでいる」と報じた。3月23日付けの中国メ……
コロナウイルスの影響でNY株暴落、2997ドル安 下落幅の過去最大を更新
コロナウイルスの影響でNY株暴落、2997ドル安 下落幅の過去最大を更新(提供:ロイター/アフロ)
[特別寄稿] 新型コロナで解き放たれる「灰色のサイ」ーー米中企業の過剰債務がもたらす未曾有の危機と、その先にある世界の大転換
白井 一成
2020年3月24日
【本稿は中国問題グローバル研究所の白井一成理事による特別寄稿である。】 今回の全世界の株式市場の下げ幅は、大恐慌レベルの急落に匹敵する。トランプ大統領就任からのアメリカの株価上昇分は全て霧散した形になった。FRBによる緊急利下げやトランプ大統領による100~200兆円(1兆~2兆ドル)の経済対策の方針など、アメリカは大胆かつ素早く対応しているが、経済危機の入り口において、ここまで株価の下げ幅……
コロナウイルス流行の中、ロボットで料理を運ぶ上海のレストラン(提供:ロイター/アフロ)
コロナウイルス流行の中、ロボットで料理を運ぶ上海のレストラン(提供:ロイター/アフロ)
新型コロナウイルスの流行における「両面作戦」は中国の制度の優位性を体現し、同時に「新しい経済」のモデルを生み出す
孫 啓明
2020年3月23日
2月23日、国家主席習近平が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の流行阻止と管理及び経済社会発展作業展開会議に参加し、重要な講話を発表した。講話では、感染症の流行を厳重に管理し、阻止すると同時に、ゾーニングやグレーティングをすることで、精確に生産再開を行い、雇用率・対外貿易・外国投資・国民生活を安定させる「両面作戦」の方針を発表した。これはつまり、「力を合わせて大事を成す」という中国政府……
BRICS首脳会議 ブラジリアで開催(2019年)(写真:ロイター/アフロ)
BRICS首脳会議 ブラジリアで開催(2019年)(提供:ロイター/アフロ)
背後に千億円の対中コロナ支援:中露首脳電話会談
遠藤 誉
2020年3月23日
19日、習近平はプーチンに電話したが、背後には中国がBRICS銀行からコロナによる経済損失を埋めるための千億円の支援金を得た事実があり、アメリカがIMFや世銀に「一帯一路」参加国への融資を阻止した背景がある。 ◆習近平がプーチンに電話 3月19日、習近平国家主席はプーチン大統領に電話をした。表面的には新型コロナのパンデミックを受けて治療や治療薬開発などに関して互いに協力しようということが主たる……
石油ターミナルとして浙江省に停泊しているVLCC(提供:ロイター/アフロ)
石油ターミナルとして浙江省に停泊しているVLCC(提供:ロイター/アフロ)
中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす
遠藤 誉
2020年3月20日
3月17日、中国の原油輸送巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾に向かった。原油価格の暴落を受け爆買いするためだ。サウジとロシアの破談で狂喜する中国の浅ましいまでの動きを「モスクワ情報」を交えながら追う。 ◆原油先取りのために一斉に動いた84隻のVLCC 3月16日夜半から17日明け方にかけて、中国のネットはざわついた。中国全土の港に横付けされているVLCC(Very Large Crude O……
新型コロナウイルスに関して、ロイター社の取材を応じる鐘南山(提供:ロイター/アフロ)
新型コロナウイルスに関して、ロイター社の取材を応じる鐘南山(提供:ロイター/アフロ)
中国はなぜコロナ大拡散から抜け出せたのか?
遠藤 誉
2020年3月18日
中国がコロナから抜け出せたのは一党支配体制だからだという側面は否定しないが、しかしそれより大きいのは鍾南山という「体制に屈しない気骨の免疫学者」がいたからだ。ウイルスの前に一党支配体制はむしろ脆弱だ。 ◆権力に屈しない鍾南山の気骨 中国における免疫学や呼吸器学などの最高権威である鍾南山は、1936年10月20日に江蘇省の南京市で生まれた。1960年に北京医学院(現在の北京大学医学部)を卒業し、……
中国の医療支援隊とイタリアの専門家がローマの病院での記者会見
中国の医療支援隊とイタリアの専門家がローマの病院での記者会見(提供:AP/アフロ)
欧州などに医療支援隊を派遣する習近平の狙い:5Gなどとバーター
遠藤 誉
2020年3月15日
10日の習近平武漢入りと合わせて中国から医療支援隊を海外に派遣し「共闘」をアピール。責任追及をかわすだけでなく、なんと、一帯一路や5G協力などへの交換条件を提示している。経済復興段階に入るつもりだ。 ◆中国、海外に医療支援隊を派遣 習近平国家主席が新型コロナ発生以降、初めて武漢入りしたのは3月10日だが、3月9日を含めたそれ以降の中国の動きを見ると、習近平が何をしようとしているか、狙いが見えて……
人民大会堂で習近平に跪(ひざまず)くように挨拶するテドロス WHO事務局長(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
人民大会堂で習近平に跪(ひざまず)くように挨拶するテドロス WHO事務局長(提供:代表撮影/ロイター/アフロ)
習近平の武漢入りとWHOのパンデミック宣言
遠藤 誉
2020年3月12日
習近平が10日初武漢入りし中国が新型コロナから脱出したシグナルを発信すると、11日にはWHOがパンデミック宣言をした。世界に新型コロナを蔓延させた真犯人が習近平なら、WHO事務局長は共犯者だ。 ◆習近平の武漢入りは「人民戦疫」の勝利宣言 3月10日午前、習近平国家主席は湖北省武漢市に足を踏み入れた。新型コロナウイルス肺炎(以下、新型コロナ)発症以来、初めてのことである。李克強国務院総理は1月2……