言語別アーカイブ
基本操作
ゴルバチョフ元大統領(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
ゴルバチョフ元大統領(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
中国共産党「第二のゴルバチョフにだけはなるな!」
2022-09-05
ゴルバチョフにより中ソ対立は解消したが、同時にゴルバチョフは世界最大の共産主義国家・ソ連を崩壊させた人物として中国の指導者は「第二のゴルバチョフにだけはなってはならない」ということを大原則にしてきた。 ◆天安門事件進行中に訪中したゴルバチョフ 中国と旧ソ連は1950年代半ばのフルシチョフ(第一書記)によるスターリン批判以来険悪な関係となり、長きにわたって中ソ対立が続いていたが、1985年3月に……
1998年12月11日『週刊金曜日』(247号)の記事を筆者が撮影
1998年12月11日『週刊金曜日』(247号)の記事を筆者が撮影
『大地の子』と『チャーズ』 モデルとなった中国残留孤児の述懐
2022-09-02
中国社会科学院・哲学研究所で研究員をしていた劉奔教授がある日、同じ中国社会科学院の社会学研究所にいた私に連絡してきた。彼は一時帰国した際に『大地の子』の作者から受けた取材に関して耐えてきた苦悩と疑念を一気に吐露した。 ◆私が中国社会科学院・社会学研究所にいたわけ 1990年代初頭、私は文部省(文科省の前身)の科研費の研究代表として北京にいた。中国では調査するときにカウンターパートがいないと調査……
ウクライナ戦争でぼろ儲けするアメリカの軍事産業(写真:ロイター/アフロ)
米中貿易データから見える「アメリカが常に戦争を仕掛けていないと困るわけ」
2022-09-01
中国税関総署データにはアメリカ製造業の空洞化が表れ、アメリカが常に戦争を煽っていないと困る現状の一端が見えてくる。次に餌食になるのは日本人だ。そのための国際世論をアメリカは必死で形成している。 ◆中国の主な貿易相手国/地域 8月30日のコラム<中露貿易の加速化 対露制裁は有効なのか?>で引用した中国の税関総署が8月18日に公開したデータを詳細に分析すると、実に興味深い現象が見えてくる。その基礎……
ロシアから大量に石油を輸入している中国(写真:ロイター/アフロ)
中露貿易の加速化 対露制裁は有効なのか?
2022-08-30
8月25日、中国商務部は記者会見で中露貿易が勢いを見せていると発言し、事実、データによればロシアからの輸入は前年度比49.2%増となっている。インドの場合は244.35%増だ。これでは対露制裁は無実化しないか? 中露印の連携は軍事面でも強化され、ヴォストーク軍事演習も共同で行う。 ◆商務部記者会見:中露貿易を加速化 8月25日、中国政府の商務部は定例記者会見を行った。記者会見では香港南華早報……
民主主義の擁護を求めて集まった群衆(写真:ロイター/アフロ)
民主主義の擁護を求めて集まった群衆(写真:ロイター/アフロ)
旧統一教会が牛耳る「日本の選挙の民主」と「中国の民主」_中国「わが国は民主的だ」世界ランキングで1位
2022-08-28
53ヵ国を対象としたNATO傘下の世論調査「あなたは自国が民主的だと思うか?」で、中国が世界一となった。その背景には米中関係があるが、統一教会に牛耳られている「日本の選挙と民主」とを比較考察したい。 (本稿では、旧統一教会は「統一教会」と略記する。) ◆「わが国は民主的だ」 世界ランキングで中国が1位 日本では統一教会と自民党議員などとの長きにわたる深い癒着が次々と暴かれ、まるで日本の政治が……
アニメ、漫画、ゲームのACG展(2012年、香港)(写真:ロイター/アフロ)
アニメ、漫画、ゲームのACG展(2012年、香港)(写真:ロイター/アフロ)
和服コスプレ女子拘留 習近平政権は反日を煽っているのか? 日経新聞が中国ネットを炎上させた大連京都街
2022-08-26
蘇州で和服コスプレ女子が警察に連行され、大連の京都再現街はネットの力で閉鎖に追い込まれた。それでいて岸田首相がクシャミをしただけで習近平・李克強がお見舞いの電報を打つ。そこには思わぬ落とし穴があった。 ◆和服コスプレ女子が警察に5時間拘留 今年8月10日、蘇州の淮河町にある和風レストランなどが並ぶ日本情緒街で日本アニメの登場人物の真似をして和服姿で写真を撮っていたコスプレ女子が、いきなり地元警……
習近平国家主席(写真:ロイター/アフロ)
習近平国家主席(写真:ロイター/アフロ)
習近平の遼寧省視察の目的は台湾問題 背後には遼瀋戦役と長春の惨劇「チャーズ」
2022-08-25
北戴河会議後、習近平が遼寧省を視察したのは国共内戦の分岐点「遼瀋戦役」を強調するためで、その背後には台湾問題と国民党敗退のきっかけを作った長春の惨劇「チャーズ」がある。「台湾白書」も同時に発布された。 ◆習近平が遼寧省視察に行った目的 8月22日のコラム<北戴河会議と習近平第三期>に書いたように、北戴河の会議が終わると、習近平国家主席は8月16日から17日にかけて中国東北の遼寧省を視察した。か……
習近平国家主席・中共中央総書記・中央軍事委員会主席(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
北戴河会議と習近平第三期
2022-08-22
北戴河会議終了を受け、習近平三期目に対する否定願望からか、日本のネットで多くのフェイクニュースが飛び交っている。講演をした聴衆から二つの関連記事に関して質問された。長いのでコラムで間違いを指摘したい。 ◆北戴河会議の位置づけと今年の時期 北戴河の会議は正式なものでなく、しかも習近平政権に入ってからは、引退した「長老」に口出しをさせないことをモットーとしてきたので、長老を中心とした北戴河の秘密会……
全世界に向けてスピーチするウクライナのゼレンスキー大統領(写真:ロイター/アフロ)
全世界に向けてスピーチするウクライナのゼレンスキー大統領(写真:ロイター/アフロ)
アメリカ、ゼレンスキーに不信感 習近平に救援を求めたのは大失点か
2022-08-18
そうでなくとも対ウ支援金の30%しか戦地には届かず汚職にまみれているとみなし始めたアメリカでは、ゼレンスキーの習近平に対する救援表明で、すっかり信頼が揺らいでいる。「笑う習近平」が現実味を帯びだした。 ◆習近平に助けを求めたゼレンスキー 8月4日付の香港のSouth China Morning Post(サウスチャイナ・モーニング・ポスト、南華早報)は、ウクライナのゼレンスキー大統領に単独イン……
2017年、北京を訪問したサウジアラビア国王と習近平国家主席(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
2017年、北京を訪問したサウジアラビア国王と習近平国家主席(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
サウジアラビアはバイデンより習近平を歓迎か?
2022-08-17
先月のバイデン訪問に冷淡だったサウジアラビアは今、コロナ発生以来、初めて国外に出る習近平の訪問に熱狂しているという。中東における米中覇権の火花を利用したサウジの外交。軍配は誰に上がるのか? ◆ガーディアンが伝えるサウジアラビアの熱狂的な習近平歓迎ムード 8月11日のイギリスのガーディアンは、<中国の習近平国家主席は来週サウジアラビアを訪問する予定>というタイトルで、サウジアラビアにおける習近平……

カテゴリー

最近の投稿

RSS