言語別アーカイブ
基本操作
「藍白合作」(野党連携)を宣言する台湾総統選立候補者と国民党関係者(写真:ロイター/アフロ)
「藍白合作」(野党連携)を宣言する台湾総統選立候補者と国民党関係者(写真:ロイター/アフロ)
「台湾有事」が消えるか? 台湾総統選で野党連携「藍白合作」が決定
2023-11-16
11月15日、台湾の総統選に関して、野党の国民党と台湾民衆党が連携することが決まった。国民党のシンボルカラー「藍」と台湾民衆党のシンボルカラー「白」を取って、これを「藍白合作」と称する。 今年2月1日のコラム<「自由貿易は死んだ!」と嘆いた台湾TSMC創始者・張忠謀と習近平の仲が示唆する世界の趨勢>や2月12日のコラム<習近平「台湾懐柔」のための「統一戦線」が本格稼働>で、「藍白合作……
米中首脳会談(写真:ロイター/アフロ)
米中首脳会談(写真:ロイター/アフロ)
米中首脳会談に合わせて、台湾総統選で野党連携を表明
2023-11-16
日本時間16日早朝、サンフランシスコで米中首脳会談が行われた。習近平国家主席がバイデン大統領に何と言ったのかが「人民日報」電子版「人民網」に詳細に書いてある。それを着実に読み取り、習近平が何を考えているかを考察する。 米中首脳会談にピタリと合わせて、台湾では野党が連携を組むことを発表した。これにより米国はこれまでのように「台湾有事」を煽ることができなくなる。習近平には圧倒的に有利な形勢が生まれつ……
G7外相会合 東京(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
G7外相会合 東京(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
中国 ガザ紛争に関するG7外相声明の欺瞞性を批判
2023-11-14
11月7日から東京で開催され8日に共同声明を発表したG7外相会合に関して、ガザ紛争に対する声明の欺瞞性とダブルスタンダードを批判する声が中国のネットに溢れている。 急降下する岸田首相の支持率の中、筆者自身、せめて上川外相の活躍をと期待したが、共同声明を出せるか否かに力を注いだだけで、あの比類なき残虐無残さでガザの民の命を奪うイスラエルの攻撃を止める役割は果たし得ない。 初日にアメリカのブリンケ……
習近平国家主席とプーチン大統領(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
習近平国家主席とプーチン大統領(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
露ウ停戦交渉は習近平の「和平案」を採用することになるのか?
2023-11-11
11月に入ると、NBCを始め多くのメディアが10月におけるウクライナ関係の会議において欧米がウクライナに「停戦を考えるように」と密かに勧告したという情報が溢れた。ガザ紛争が起きたためにウクライナにかまっていられなくなったのと、ゼレンスキー大統領の姿勢に疑問を抱く者が出てきたからのようだ。同時に、ウクライナ軍の総司令官が英誌「エコノミスト」にゼレンスキーと軍との間の亀裂を明かし、中国メディアはこれら……
ウクライナのゼレンスキー大統領(写真:ロイター/アフロ)
ウクライナのゼレンスキー大統領(写真:ロイター/アフロ)
中国メディア ゼレンスキーが「西側に裏切られた」と不満
2023-11-09
10月30日に米「タイム」誌がゼレンスキー大統領とその周辺の関係者を追跡取材して「私のように我々の勝利を信じている者は誰もいない。一人もだ」という表紙の見出しでゼレンスキーの孤独と政権関係者のゼレンスキーへの不信を暴いた。 それに関して中国メディアは大いに燃え上がったが、中でも中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹版「環球時報」の電子版が大きく取り上げているので、中国ネットにおける声も拾ってご紹介す……
出典:2023年10月23日の環球時報(Vitaly Podvitski作)
出典:2023年10月23日の環球時報(Vitaly Podvitski作)
ガザ危機「習近平仲介論」がアメリカで浮上
2023-11-03
中国の王毅外相兼中共中央政治局委員がワシントンで10月26-27日に米国のブリンケン国務長官と会って以来、イスラエル・ハマス戦争に関して「習近平仲介論」が浮上している。ウクライナ戦争も、習近平国家主席が提案した「和平論」が中東に影響し中東和解外交雪崩現象を招いたが、今回のイスラエル・ハマス戦争はそれに対抗したバイデン大統領がサウジアラビア(以後、サウジ)とイスラエルに国交を樹立させようとしたのが直……
2013年5月の李克強前国務院総理(写真:ロイター/アフロ)
2013年5月の李克強前国務院総理(写真:ロイター/アフロ)
李克強の死と、天安門事件を招いた胡耀邦の死との違い
2023-10-31
李克強の死が、かつて天安門事件を招いた胡耀邦の死同様に、民主化運動につながるのではないかという憶測が日本では盛んに流れている。それを中国政府が恐れているという情報も、日本人の耳目には心地よいようだ。 本稿では、「李克強の習近平に対する相対的な党内序列は如何にして形成されたのか」に注目して、自分自身で判断できるようにファクトを確認したいと思う。 ◆鄧小平が強引に失脚させた胡耀邦の死が招いた天安門……
2012年4月の中国新聞網海南新聞より筆者キャプチャー
2012年4月の中国新聞網海南新聞より筆者キャプチャー
李克強は習近平のライバルではない
2023-10-30
李克強前首相が逝去した。まだ若いのにと、残念に思う。日本ではもっぱら「習近平のライバル」と位置付け、「権力闘争に敗北した」といったトーンの報道が目立つ。もし習近平が権力闘争のために反腐敗運動をしたのなら、なぜ側近の秦剛(元)外相や自身が昇進させたばかりの李尚福(元)国防部長を更迭したのか。権力闘争論者には説明がつかないだろう。反腐敗運動は軍にはびこる底なしの腐敗を撲滅し、軍のハイテク化を図るのが目……
イスラエル・ハマス地上戦問題を議論する国連安保理(写真:ロイター/アフロ)
イスラエル・ハマス地上戦問題を議論する国連安保理(写真:ロイター/アフロ)
中国:米国のイスラエル地上侵攻延期案は中東米軍基地の配備を完成させるための時間稼ぎ
2023-10-27
国連安保理で25日、イスラエルのガザ地区への地上侵攻に対して米国が「停戦」ではなく「一時中断」という案を提唱し否決されたことを、日本では米国が「人道的見地から」提案したと報じている。それに対して中国では米国案を「ただ単に中東における米国の軍事配備を完成するまでの時間稼ぎに過ぎない」という解説が飛び交っている。皮肉なことに、その視点の発信源は米国のウォール・ストリート・ジャーナル報道だ。   ◆……
ハマス・イスラエル紛争で被害を受ける一般市民(写真:ロイター/アフロ)
ハマス・イスラエル紛争で被害を受ける一般市民(写真:ロイター/アフロ)
中国「ハマス・イスラエル紛争は即時停戦すべき」 その心は?
2023-10-25
中国の王毅外相兼中共中央政治局委員は10月23日、パレスチナとイスラエルの外相とそれぞれ電話会談し、即時停戦とともに「イスラエル同様パレスチナの国家も建設すべきだ」という「二国家解決案」を双方に対して伝えた。21日には中国政府の翟隽(てき・しゅん)中東担当特使がカイロ和平サミットに出席し、同様の主張をしている。 10月11日のコラム<ハマスの奇襲 背景には中東和解に動いた習近平へのバイデンの対抗……

カテゴリー

最近の投稿

RSS