言語別アーカイブ
基本操作
習近平は最初から三期目を考えていた 国家副主席の位置づけから
習近平総書記(第19回党大会)(写真:AP/アフロ)

江沢民・胡錦涛政権ともに二期目の国家副主席が次の政権の国家主席になるという慣例で動いてきたため政治局常務委員だった。しかし習近平政権では一期目だけでなく二期目の国家副主席も政治局常務委員ではない。

◆江沢民・胡錦涛政権ともに二期目の国家副主席が次期政権の国家主席に

毛沢東や鄧小平時代を別として、鄧小平が指名した江沢民政権以降は、原則、政権二期目の国家副主席(中共中央政治局常務委員)が、次期政権の国家主席になるというルールで動いてきた。

どこかに規則が書いてあるわけでなく、慣例的な暗黙のルールだった。

たとえば、江沢民政権二期目「1998年3月15日 ~2003年3月15日」(第15回党大会)の国家副主席は胡錦涛(中共中央政治局常務委員、党内序列第5位)で、胡錦涛は2002年11月の第16回党大会で中共中央総書記(党内序列第1位)になり、翌年の2003年3月15日の全人代最終日に国家主席になっている。

胡錦涛政権二期目「2008年3月15日~2013年3月14日」に入る第17回党大会(2007年10月)で、習近平が中共中央政治局常務委員(当時は9人だったので筆者は「チャイナ・ナイン」と名付けた)の党内序列7位に入り、2013年3月14日の全人代最終日に習近平は国家主席に選ばれた。

この慣例に従えば、習近平政権二期目「2018年3月17日~2022年」では、誰かが中共中央政治局常務委員の身分で「国家副主席」に入っていなければならない。政治局常務委員でなかったら、その次の政権の国家主席になれない(江沢民の場合は鄧小平個人の指名なので例外だった)。

習近平政権では、中共中央政治局常務委員が7人になったので、筆者は改めて彼らを「チャイナ・セブン」と名付けたが、二期目のチャイナ・セブンの中に「国家副主席」が入っていなければならない。

しかし国家副主席に任命された「王岐山」は、なんと、チャイナ・セブンの中に入ってないのである。というより、年齢的にチャイナ・セブンにはなれないような人物を、国家副主席に持ってきたのだ。

ここまでのプロセスを分かりやすいようにするため、以下のような図表を作成してみた。

筆者作成

◆習近平政権では国家副主席をチャイナ・セブンにしていない

この図表からお分かりいただけるように、第19回党大会におけるチャイナ・セブンに王岐山は入っておらず、それでいながら「国家副主席」の職位だけは与えられた。

政治局常務委員でなかった者が、次期国家主席になるということはないので、王岐山が第20回党大会で総書記になり来年の全人代(全国人民代表大会)で国家主席になるということも絶対にあり得ず、ということは、第20回党大会に相当する2023年からの次期政権には、「習近平以外に国家主席になる者はいない」ということになる。

その予兆は、第18回党大会の時にすでにあった。

このときチャイナ・セブンになると予測されていた李源潮が、なんと、チャイナ・セブンから外された形で国家副主席になっていたのだ。

胡錦涛政権の時には、たとえ第一期目でも、国家副主席・曾慶紅は政治局常務委員(チャイナ・ナイン)の一人だった。

しかし習近平は、国家副主席を、第一期目の李源潮の時からチャイナ・セブンから外していたのだ。

予行演習というか、第一期目の国家副主席に関して、「チャイナ・セブンにはしない」という感覚を慣れさせておいてから、第二期目も同様に「チャイナ・セブンにしなかった」のだ。こうしてショックを和らげておいて、「知らん顔」していたのである。

つまり、2012年の第18回党大会の時点で、すでに「習近平第三期目」路線が決めてあったということになる。

◆習近平はなぜ三期目を狙うのか?

これに関しては9月12日のコラム<第20回党大会 習近平はなぜ三期目を目指すのか>でも書いたように、父親・習仲勲が鄧小平によって失脚させられたことが最大の要因と考えていいだろう。

拙著『習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐』で執拗に真相を追いかけたが、習近平の父・習仲勲は、鄧小平の陰謀により1962年に国務院副総理兼国務院秘書長など全ての職を剥奪されて、その後16年間も監獄・軟禁・監視生活を送らされている。なぜそのようなことが起きたかというと、毛沢東が習仲勲を可愛がって、後継者の一人にしようとしていたからだ。

鄧小平の陰謀がなければ、父・習仲勲は毛沢東の後継者として輝かしく活躍していただろう。

1962年から50年後の2012年11月の第18回党大会。

習近平の胸には、半世紀に及んでため込んできたこの無念の思いが沸々と煮えたぎっていたはずだ。父の仇を討つためにも、人の何倍も中国という国家のトップに立っていようと思っていたにちがいない。

だから、図表にあるように「国家副主席」のポストをチャイナ・セブンから外した。

これが見えないと、今後の中国の政治を正しく分析することはできないと確信する。

1941年中国生まれ。中国革命戦を経験し1953年に日本帰国。「中国問題グローバル研究所」所長。筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会学研究所客員研究員・教授などを歴任。日本文藝家協会会員。著書に『習近平三期目の狙いと新チャイナ・セブン』(2022年12月中旬発売。PHP新書)、『もうひとつのジェノサイド 長春の惨劇「チャーズ」』(実業之日本社)、『ウクライナ戦争における中国の対ロシア戦略 世界はどう変わるのか』(PHP)、『裏切りと陰謀の中国共産党建党100年秘史 習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐』(ビジネス社)、『ポストコロナの米中覇権とデジタル人民元』(遠藤 誉 (著), 白井 一成 (著), 中国問題グローバル研究所 (編集)、実業之日本社)、『米中貿易戦争の裏側 東アジアの地殻変動を読み解く』(毎日新聞出版)、『「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるのか』、『毛沢東 日本軍と共謀した男』(中文版・韓国語版もあり)、『チャイナ・セブン <紅い皇帝>習近平』、『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』、『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』、『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』『中国がシリコンバレーとつながるとき』など多数。 // Born in 1941 in China. After surviving the Chinese Revolutionary War, she moved to Japan in 1953. Director of Global Research Institute on Chinese Issues, Professor Emeritus at the University of Tsukuba, Doctor of Science. Member of the Japan Writers Association. She successively fulfilled the posts of guest researcher and professor at the Institute of Sociology, Chinese Academy of Social Sciences. Her publications include “Inside US-China Trade War” (Mainichi Shimbun Publishing), “’Chugoku Seizo 2025’ no Shogeki, Shukinpei ha Ima Nani o Mokurondeirunoka (Impact of “Made in China 2025” What is Xi Jinping aiming at Now?), “Motakuto Nihongun to Kyoboshita Otoko (Mao Zedong: The Man Who Conspired with the Japanese Army),” “Japanese Girl at the Siege of Changchun (including Chinese versions),” “Net Taikoku Chugogu, Genron o Meguru Koubou (Net Superpower China: Battle over Speech),” “Chugoku Doman Shinjinrui: Nihon no Anime to Manga ga Chugoku o Ugokasu (The New Breed of Chinese “Dongman”: Japanese Cartoons and Comics Animate China),” “Chugogu ga Shirikonbare to Tsunagarutoki (When China Gets Connected with Silicon Valley),” and many other books.

カテゴリー

最近の投稿

RSS